読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコな旅行について 私は孫を連れて東京ディズニーランドに

エコな旅行について 私は孫を連れて東京ディズニーランドに旅行に行こうと思っているのですが、旅行会社に丸投げすれば簡単なのはわかっていますが、これから何回か孫を連れてこの手の旅行に行きたいと思っているので1回当たりの料金を安くしたいと思っています。最近は飛行機もLCCによる格安運賃や、ホテルもプランによって価格が全く違うようです。 そこで「飛行機の予約」・「ホテルの予約」・「東京ディズニーランドのチケットの予約」を格安にできるサイトをそれぞれ教えてください。 尚、私は札幌市近郊に住んでいるため、飛行機は新千歳⇔成田空港を利用し夫婦2名、5歳と4歳の孫2名、計4名で行く予定です。

y_n108_saka69さま LCCは遅延リスクや欠航リスクが高く、お荷物が別料金のオプションだったり、座席指定が有料だったりしますので、旅行に不慣れでしたら、様々な対応が難しいかもしれません。 航空運賃が低価格でも有料オプションを使えば、羽田空港行の早割運賃と差ほど違いのない料金になりますね。 ※事前の座席指定オプションを利用しないと、皆さんバラバラのお席になってしまう可能性が高く、お孫様を一人で離れた席に座らせてしまうリスクが高くなりますので、別料金を支払ってでも事前の座席指定が必要ですね。 LCCでは無いエアドゥやスカイマークの早割だと、購入するタイミングによっては片道10,000円以下もありますし、スカイマークの早割やバーゲン料金だと6,000円程度の事もあります。 上手に使えば往復20,000��

�程度で羽田空港へのフライトが可能ですね。 ※我家では、9月に、片道エアドゥ、片道スカイマークで、合計16,000円程度で新千歳空港羽田空港を往復してきました。 また、東京ディズニーリゾートTDR)へのお出掛けですと、成田空港利用は不便ですのでお薦めできませんね。 成田空港⇔TDRエリアのリムジンバスは、片道大人2,450円で1時間に1~2本の運行、予約不可の先着順利用です。 羽田空港TDRエリアのリムジンバスは、片道大人830円で1時間に6本程度の運行で、予約可能です。 ※フライトの遅延などで予約のバスに乗り遅れてもキャンセル料不要ですし、予約の便より早いバスに空席があれば無料で振替可能です。 他にも羽田空港利用の利点として、旅行荷物を当日ホテルへ届けて貰える有料サービスなどがあり、初日にその�

��ービスを利用すれば、羽田空港からホテルへ寄ることなくディズニーパークへ向かえますので、とても便利です。 復路も、ホテルから羽田空港までお荷物を運んで貰える有料サービスもあります。 羽田空港の国内線ターミナルは、成田空港のLCC専用の第3ターミナルよりも各種施設が豊富で充実していますね。 羽田空港利用のTDR旅行だと、そのような充実したサービスが揃っています。 私も北の大地からTDR家族旅行を楽しんでいますが、何かと不便な成田空港の利用は考えたことがありません。 ※私が第一世代の3世代TDR旅行も、たまにあります。 ホテルは、TDRに近いほど便利になり、TDR指定のホテルはディズニーパークをお楽しみ頂くのに便利なサービスが整っていますので、多少料金が高くても利用価値がありますね。 少し離

れるとリーズナブルなホテルもありますが、ディズニーパーク往復の移動が不便であったり、驚くような混雑に巻き込まれてしまうリスクがありますね。 因みに、どのホテルでも、ご利用日や宿泊予約申込みのタイミングで、同じホテルの同じお部屋タイプでも宿泊料金が違ってきます。 お孫様が小さいですので、多少宿泊料金が高くてもディズニーパークから移動に便利なホテルを利用して、休憩に戻れるようにした方が安心ですね。 パークチケットは、基本的に譲渡禁止となっていますので、特別な資格が無い限り通常料金で購入することになります。 ※一部の券種を除いて、券面に、譲渡禁止の注意書きがあります。 連続したお日にちで利用できるマルチデーパスポートは、割引率が高く、3デー以上だと3日目以降は東京ディ�

��ニーランドと東京ディズニーシーのどちらのパークへも入園可能で、行き来が可能になります。 他の回答者様からの情報にある、リスクの高い転売パークチケットは、基本的に1デーパスポートになりますので、必要日数分を購入すると、正規窓口から購入するマルチデーパスポートの方がお得だたっとの結果も想定されますね。 因みに、年間にどの程度お出掛けになるかによって、年間パスポートがお得のケースも出てきますね。 旅行は、目先の金額に目を向けるのではなく、その内容と質を合わせて妥当な金額なのか検討することが大切です。 内容を吟味をしないと、安かろう悪かろうにしかならず、現場で苦労することになるのが旅行の特徴ですね。 もちろん、同じものをお安く手に入るのであれば、それに越したことは無い

と思います。

ヤマハ ビラーゴ400のレギュレーターをヤフオクとヤフーショッピングで探すと、実動車から外した中古品数点しかないので、予備のパーツが底をついていずれは乗れなくなるんですか?

まあそう言う事ですね。 人気の絶版車ならば好事家か集まって部品の再生産を企画したり、いずれ専門ショップ立ち上がり、リプロダクションや強化代替品を生産したり。ビラーゴがそのようになるかは判りません。 末永く乗り続けたいのであれば、将来必要となるであろう部品を流通しているうちに確保しておくのも手です。よく壊れると言われる部品は新品中古問わず市場から無くなるときはある時期に一気に無くなりますからね。 有る程度そのバイクについて勉強して、軽整備くらいは自力で行なう程度のスキルは必要かもしれません。頑張ってください。